えめばら園

Philosophier' Er nicht, Herr Schatz, und komm' Er her. Jetzt wird gefrühstückt. Jedes Ding hat seine Zeit.

読まれたもの

John Harris vs Persson & Savalescu Harris (2014)

How to Be Good: The Possibility of Moral Enhancement作者: John Harris出版社/メーカー: Oxford Univ Pr発売日: 2016/06/07メディア: ハードカバーこの商品を含むブログ (3件) を見る John Harris (2014). How to be Good. Oxford University Press 2. Wh…

モラルエンハンスメントは自由を奪う Harris (2014)

How to Be Good: The Possibility of Moral Enhancement作者: John Harris出版社/メーカー: Oxford Univ Pr発売日: 2016/06/07メディア: ハードカバーこの商品を含むブログ (3件) を見る John Harris (2014). How to be Good. Oxford University Press 2. Wh…

美徳と悪徳は同じ特性なのでモラルエンハンスメントは有効ではない Harris (2014)

How to Be Good: The Possibility of Moral Enhancement作者: John Harris出版社/メーカー: Oxford Univ Pr発売日: 2016/06/07メディア: ハードカバーこの商品を含むブログ (3件) を見る John Harris (2014). How to be Good. Oxford University Press 2. Wh…

全てを考慮したときの良さとしての道徳性 Harris (2014)

How to Be Good: The Possibility of Moral Enhancement作者: John Harris出版社/メーカー: Oxford Univ Pr発売日: 2016/06/07メディア: ハードカバーこの商品を含むブログ (3件) を見る John Harris (2014). How to be Good. Oxford University Press 2. Wh…

意志する生きものとしての人間と「とても考えられない」行為  Frankfurt (1988)

The Importance of What We Care About: Philosophical Essays作者: Harry G. Frankfurt出版社/メーカー: Cambridge University Press発売日: 1988/09/15メディア: ペーパーバック購入: 1人 クリック: 2回この商品を含むブログ (7件) を見る Frankfurt, H. (…

アロイス・リールの実在論 Beiser (2014)

The Genesis of Neo-Kantianism 1796-1880作者: Frederick C. Beiser出版社/メーカー: Oxford Univ Pr発売日: 2015/01/27メディア: ハードカバーこの商品を含むブログ (1件) を見る Beiser, F. (2014). The Genesis of Neo-Kantianism, 1796−1880. Oxford: O…

機能の様相説と目的意味論 Nanay (2014)

http://www.journals.uchicago.edu/doi/abs/10.1086/677684 Nanay, B. (2014). Teleosemantics without etiology. Philosophy of Science, 81 (5), 798−810. 1. 心の生物学化 心的状態とその志向的対象との関係は、ふつうの科学理論の被説明項にはない特徴が…

生物の行動を研究するとはどういうことなのか Millikan (1993)

White Queen Psychology and Other Essays for Alice (Bradford Books)作者: Ruth Garrett Millikan出版社/メーカー: The MIT Press発売日: 1993/04/29メディア: ハードカバーこの商品を含むブログ (2件) を見る Millikan, R. (1993). White Queen Psycholog…

素朴心理学と認知科学 Millikan (1993)

White Queen Psychology and Other Essays for Alice (Bradford Books)作者: Ruth Garrett Millikan出版社/メーカー: The MIT Press発売日: 1993/04/29メディア: ハードカバーこの商品を含むブログ (2件) を見る Millikan, R. (1993). White Queen Psycholog…

哲学から追い出される「おどろき」 Daston and Park (1998)

Wonders and the Order of Nature, 1150?1750 (Zone Books)作者: Lorraine Daston,Katharine Park出版社/メーカー: Zone Books発売日: 2001/10/01メディア: ペーパーバック購入: 2人 クリック: 5回この商品を含むブログ (6件) を見る Lorraine Daston & Kath…

学習や注意のわずかな機能不全がサイコパスに繋がる Moul, Hawes, and Dadds (2015)

The Moral Brain: A Multidisciplinary Perspective (The MIT Press)作者: Jean Decety,Thalia Wheatley,Laurent Prétôt,Sarah F. Brosnan,Andrew W. Delton,Max M. Krasnow,Nicolas Baumard,Mark Sheskin,Jesse J. Prinz,Scott Atran,Jeremy Ginges,Jillian…

神経科学が発達しても法システムはそうかわらない Wheatlry (2015)

The Moral Brain: A Multidisciplinary Perspective (The MIT Press)作者: Jean Decety,Thalia Wheatley,Laurent Prétôt,Sarah F. Brosnan,Andrew W. Delton,Max M. Krasnow,Nicolas Baumard,Mark Sheskin,Jesse J. Prinz,Scott Atran,Jeremy Ginges,Jillian…

驚異物と対峙する初期近代の自然哲学 Daston and Park (1998) 

Wonders and the Order of Nature, 1150?1750 (Zone Books)作者: Lorraine Daston,Katharine Park出版社/メーカー: Zone Books発売日: 2001/10/01メディア: ペーパーバック購入: 2人 クリック: 5回この商品を含むブログ (6件) を見る Lorraine Daston & Kath…

神経調節物質と道徳判断 Crockett and Rini (2015)

The Moral Brain: A Multidisciplinary Perspective (The MIT Press)作者: Jean Decety,Thalia Wheatley,Laurent Prétôt,Sarah F. Brosnan,Andrew W. Delton,Max M. Krasnow,Nicolas Baumard,Mark Sheskin,Jesse J. Prinz,Scott Atran,Jeremy Ginges,Jillian…

道徳判断の二重過程説の現在 Greene (2015)

The Moral Brain: A Multidisciplinary Perspective (The MIT Press)作者: Jean Decety,Thalia Wheatley,Laurent Prétôt,Sarah F. Brosnan,Andrew W. Delton,Max M. Krasnow,Nicolas Baumard,Mark Sheskin,Jesse J. Prinz,Scott Atran,Jeremy Ginges,Jillian…

強迫性障害と道徳 Doron, Sar-el, Mikulincer, and Kyrio (2012)

The Social Psychology of Morality: Exploring the Causes of Good and Evil作者: Mario Mikulincer,Phillip R. Shaver出版社/メーカー: Amer Psychological Assn発売日: 2011/09/15メディア: ハードカバーこの商品を含むブログ (5件) を見る Mikulincer, M…

赤ちゃんの道徳性の問題 Bloom (2012)

The Social Psychology of Morality: Exploring the Causes of Good and Evil作者: Mario Mikulincer,Phillip R. Shaver出版社/メーカー: Amer Psychological Assn発売日: 2011/09/15メディア: ハードカバーこの商品を含むブログ (5件) を見る Mikulincer, M…

私たちは自分の認識傾向や情動傾向を信用せざるをえないし、それは不合理ではない Zagzebski (2014)

Emotion and Value作者: Sabine Roeser,Cain Todd出版社/メーカー: Oxford Univ Pr発売日: 2015/01/06メディア: ハードカバーこの商品を含むブログ (3件) を見る Roeser, S. and Todd, C. (eds.), (2014). Emotion and value. Oxford. Oxford University Pre…

純粋悪の神話 Baumeister (2012)

The Social Psychology of Morality: Exploring the Causes of Good and Evil作者: Mario Mikulincer,Phillip R. Shaver出版社/メーカー: Amer Psychological Assn発売日: 2011/09/15メディア: ハードカバーこの商品を含むブログ (5件) を見る Mikulincer, M…

全ての知性体をつなぐ客観性 Daston and Galison (2007)

Objectivity (Zone Books)作者: Lorraine Daston,Peter Galison出版社/メーカー: Zone Books発売日: 2010/11/05メディア: ペーパーバック購入: 1人 クリック: 8回この商品を含むブログ (3件) を見る Daston, L., and Galison, P. (2007). Objectivity. New Y…

どうして奇妙な道徳原理が存在し続けるのか Cushman and Greene (2012)

The Social Psychology of Morality: Exploring the Causes of Good and Evil作者: Mario Mikulincer,Phillip R. Shaver出版社/メーカー: Amer Psychological Assn発売日: 2011/09/15メディア: ハードカバーこの商品を含むブログ (5件) を見る Mikulincer, M…

ポアンカレの科学:色彩の主観性と関係の客観性 Daston and Galison (2007)

Objectivity (Zone Books)作者: Lorraine Daston,Peter Galison出版社/メーカー: Zone Books発売日: 2010/11/05メディア: ペーパーバック購入: 1人 クリック: 8回この商品を含むブログ (3件) を見る Daston, L., and Galison, P. (2007). Objectivity. New Y…

製図・スライド・レントゲン:科学における図の技能 Hentschel (2014)

Visual Cultures in Science and Technology: A Comparative History作者: Klaus Hentschel出版社/メーカー: Oxford Univ Pr発売日: 2014/12/30メディア: ハードカバーこの商品を含むブログを見る Hentschel, K. (2014). Visual cultures in science and tec…

道徳から生じる暴力を研究したい Graham and Haidt (2012)

The Social Psychology of Morality: Exploring the Causes of Good and Evil作者: Mario Mikulincer,Phillip R. Shaver出版社/メーカー: Amer Psychological Assn発売日: 2011/09/15メディア: ハードカバーこの商品を含むブログ (5件) を見る Mikulincer, M…

意識とメタ意識は乖離する Schooler (2002)

http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1364661302019496 Schooler, J. W. (2002). Re-representing consciousness: dissociations between experience and meta-consciousness. TRENDS in Cognitive Science, 6(8): 339−344. 意識はよく報告可…

実験のあと経験についての報告をとると高次機能についてよくわかるのでは Jack and Roepstorff (2002)

http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1364661302019411 Jack, A. I. and Roepstorff, A. (2002). Introspections and cognitive brain mapping: From stimulus-response to script-report. TRENDS in Cognitive Science, 6(8): 333−339. 認知…

統一科学運動としての論理的行動主義 Hempel (1997)

A Historical Introduction to the Philosophy of Mind: Readings With Commentary作者: Peter A. Morton出版社/メーカー: Broadview Press発売日: 1997/04/01メディア: ペーパーバックこの商品を含むブログ (1件) を見る Hempel. C. (1997). The logical an…

人文学と科学の区別と言っても色々ある Bouterse and Karstens (2015)

http://www.jstor.org/stable/10.1086/681995 Bouterse, J. and Karstens, B. (2015). A diversity of divisions: Tracing the history of the demarcation between the Sciences and the Humanities. Isis, 106(2): 341–352. 今日、人文学と科学の分断とい…

自由意志の自然化:3つのプログラム Mylopoulos, and Lau (2015)

Surrounding Free Will: Philosophy, Psychology, Neuroscience作者: Alfred R. Mele出版社/メーカー: Oxford Univ Pr発売日: 2014/11/07メディア: ハードカバーこの商品を含むブログ (3件) を見る Mele, A. (ed.) (2014). Surrounding Free Will (Oxford Un…

自己の空間的境界 Dainton (2008)

The Phenomenal Self作者: Barry Dainton出版社/メーカー: Oxford Univ Pr on Demand発売日: 2008/05/25メディア: ハードカバーこの商品を含むブログを見る Dainton, B. (2008). The Phenomenal Self. Oxford: Oxford University Press. Ch. 1 Mind and Self…