えめばら園

Philosophier' Er nicht, Herr Schatz, und komm' Er her. Jetzt wird gefrühstückt. Jedes Ding hat seine Zeit.

自由意志

神経科学が発達しても法システムはそうかわらない Wheatlry (2015)

The Moral Brain: A Multidisciplinary Perspective (The MIT Press)作者: Jean Decety,Thalia Wheatley,Laurent Prétôt,Sarah F. Brosnan,Andrew W. Delton,Max M. Krasnow,Nicolas Baumard,Mark Sheskin,Jesse J. Prinz,Scott Atran,Jeremy Ginges,Jillian…

1898年の自由意志と心理学 Titchener (1898)

https://archive.org/details/primerofpsycholo01titc Tichener, Eduard Brandford. (1898). A Primer of Psychology. New York, NY: Macmillan. §105 意志の自由 意志 注意や行為をあつかう心理学は意志心理学と呼ばれることが多い。これは、affection、fee…

ベネケの倫理学 Beiser (2014)

The Genesis of Neo-Kantianism 1796-1880作者: Frederick C. Beiser出版社/メーカー: Oxford Univ Pr発売日: 2015/01/27メディア: ハードカバーこの商品を含むブログ (1件) を見る Beiser, F. (2014). The Genesis of Neo-Kantianism, 1796−1880. Oxford: O…

意志が英知界にあると人を教育することができなくなる Herbart (1804)

https://archive.org/details/johfrherbartssm00kehrgoog Herbart, J. F. (1804). "Über die ästhetische Darstellung der Welt als das Hauptgeschäft der Erziehung", SW I: 259–274. 前半 ←いまここ 後半 教育には色々な課題がありうるが、教育学の仕事が…

自由意志の自然化:3つのプログラム Mylopoulos, and Lau (2015)

Surrounding Free Will: Philosophy, Psychology, Neuroscience作者: Alfred R. Mele出版社/メーカー: Oxford Univ Pr発売日: 2014/11/07メディア: ハードカバーこの商品を含むブログ (3件) を見る Mele, A. (ed.) (2014). Surrounding Free Will (Oxford Un…

「認識的自由」 Velleman (2000)

The Possibility of Practical Reason作者: J. David Velleman出版社/メーカー: Oxford Univ Pr発売日: 2000/12/28メディア: ハードカバーこの商品を含むブログ (1件) を見るhttp://quod.lib.umich.edu/cgi/t/text/text-idx?c=spobooks;idno=6782337.0001.00…

しなければならなさについて Williams (1981)

Moral Luck: Philosophical Papers 1973?1980 (Cambridge Paperback Library)作者: Bernard Williams出版社/メーカー: Cambridge University Press発売日: 1981/12/03メディア: ペーパーバックこの商品を含むブログ (1件) を見る Williams, B. (1981). Moral…

自由意志概念の発達 Gopnik & Kushnir (2014)

Surrounding Free Will: Philosophy, Psychology, Neuroscience作者: Alfred R. Mele出版社/メーカー: Oxford Univ Pr発売日: 2014/11/07メディア: ハードカバーこの商品を含むブログ (3件) を見る Mele, A. (ed.) (2014). Surrounding Free Will (Oxford Un…

リプライ;中毒のさらなる科学的解明の課題 Montague (2014)

Moral Psychology: Free Will and Moral Responsibility (A Bradford Book)作者: Walter Sinnott-Armstrong出版社/メーカー: A Bradford Book発売日: 2014/02/21メディア: ペーパーバックこの商品を含むブログ (8件) を見る Sinnott-Armstrong, W. ed. (2014…

コメント:どうしてなぜ中毒者は欲求を抑制できないのか Sripada (2014)

Moral Psychology: Free Will and Moral Responsibility (A Bradford Book)作者: Walter Sinnott-Armstrong出版社/メーカー: A Bradford Book発売日: 2014/02/21メディア: ペーパーバックこの商品を含むブログ (8件) を見る Sinnott-Armstrong, W. ed. (2014…

コメント:自律を放棄しないと規範を守れない中毒者のつらみについて Yaffe (2014)

Moral Psychology: Free Will and Moral Responsibility (A Bradford Book)作者: Walter Sinnott-Armstrong出版社/メーカー: A Bradford Book発売日: 2014/02/21メディア: ペーパーバックこの商品を含むブログ (8件) を見る Sinnott-Armstrong, W. ed. (2014…

自由意志の科学は定義ではなく現象から始めよ Holton (2014)

Moral Psychology: Free Will and Moral Responsibility (A Bradford Book)作者: Walter Sinnott-Armstrong出版社/メーカー: A Bradford Book発売日: 2014/02/21メディア: ペーパーバックこの商品を含むブログ (8件) を見る Sinnott-Armstrong, W. ed. (2014…

コメント:素朴な思考と科学理論に求められる整合性の違いにより、科学は自由意志の脅威となる Vargas (2014)

Moral Psychology: Free Will and Moral Responsibility (A Bradford Book)作者: Walter Sinnott-Armstrong出版社/メーカー: A Bradford Book発売日: 2014/02/21メディア: ペーパーバックこの商品を含むブログ (8件) を見る Sinnott-Armstrong, W. ed. (2014…

リプライ:なぜ自由意志信念は一枚岩ではないのか Mele (2014)

Moral Psychology: Free Will and Moral Responsibility (A Bradford Book)作者: Walter Sinnott-Armstrong出版社/メーカー: A Bradford Book発売日: 2014/02/21メディア: ペーパーバックこの商品を含むブログ (8件) を見る Sinnott-Armstrong, W. ed. (2014…

コメント:自由意志信念も一枚岩ではない Nadelhoffer (2014)

Moral Psychology: Free Will and Moral Responsibility (A Bradford Book)作者: Walter Sinnott-Armstrong出版社/メーカー: A Bradford Book発売日: 2014/02/21メディア: ペーパーバックこの商品を含むブログ (8件) を見る Sinnott-Armstrong, W. ed. (2014…

自由意志に魂はいらない Mele (2014)

Moral Psychology: Free Will and Moral Responsibility (Volume 4) (A Bradford Book)A Bradford BookAmazon Sinnott-Armstrong, W. ed. (2014) Moral Psychology Ch.1 Nahmias, E. Is Free Will an Illusion? Confronting Challenges from the Modern Mind…

素朴デカルト的二元論が非決定的なものとしての自由意志概念を生むのではないのか Bloom (2006)

http://www.yale.edu/minddevlab/papers/my-brain-made-me-do-it.pdf Bloom, P. (2006) My brain made me do it. Journal of Cognition and Culture, 6:209-214. 本特集のニコルス論文はマインドリーディングの発達研究の対象に自由意志概念が含まれていない…

さまざまな自由意志直観とその心理的メカニズム Nichols (2006)

http://dingo.sbs.arizona.edu/~snichols/Papers/Folk_Intuitions_on_Free_Will Nichols, S. (2006). Folk intuitions on free will. Journal of Cognition and Culture, 6:57-86. Journal of Cognition and Cultureのこの号は実験哲学で特集が組まれていた…

「俗流社会生物学者」の語る「哲学」 キッチャー (1992)

キッチャー, Ph. (1985) [1992] 「野望の跳梁:社会生物学は人間の本性に迫れるか」(三中信宏訳), 『現代思想』 20, (5) : 62-92 なんとこんなところにフィリップ・キッチャーの翻訳があったんですね。キッチャーは戸田山科学哲学入門で説明の統合モデルの…

リプライ:意識的過程が因果的効力を持たないことはない Nahmias (2014)

Moral Psychology: Free Will and Moral Responsibility (A Bradford Book)作者: Walter Sinnott-Armstrong出版社/メーカー: A Bradford Book発売日: 2014/02/21メディア: ペーパーバックこの商品を含むブログ (8件) を見る Sinnott-Armstrong, W. ed. (2014…

社会認知理論における自由意志 Bandura (2008)

Are We Free?: Psychology and Free Will作者: John Baer,James C. Kaufman,Roy F. Baumeister出版社/メーカー: Oxford Univ Pr発売日: 2008/02/25メディア: ハードカバーこの商品を含むブログを見る Baer, J., Kaufman, J., & Baumeister, R., eds. (2008) …

コメント:意図には脳の無意識的活動が先立つ件 Misirlisoy & Haggard (2014)

Moral Psychology: Free Will and Moral Responsibility (A Bradford Book)作者: Walter Sinnott-Armstrong出版社/メーカー: A Bradford Book発売日: 2014/02/21メディア: ペーパーバックこの商品を含むブログ (8件) を見る Sinnott-Armstrong, W. ed. (2014…

コメント:バイパス仮説と通り抜け仮説 Björnsson and Pereboom (2014)

Moral Psychology: Free Will and Moral Responsibility (A Bradford Book)作者: Walter Sinnott-Armstrong出版社/メーカー: A Bradford Book発売日: 2014/02/21メディア: ペーパーバックこの商品を含むブログ (8件) を見る Sinnott-Armstrong, W. ed. (2014…

心理学は自由意志を幻想として葬り去るだろうか Nahmias (2014)

Moral Psychology: Free Will and Moral Responsibility (A Bradford Book)作者: Walter Sinnott-Armstrong出版社/メーカー: A Bradford Book発売日: 2014/02/21メディア: ペーパーバックこの商品を含むブログ (8件) を見る Sinnott-Armstrong, W. ed. (2014…

人々は行為者因果論者なのだろうか Turner & Nahmias (2006)

http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1468-0017.2006.00295.x/abstract Turner, J. and Nahmias, E. (2006) Are the Folk Agent-Causationist? Mind and Language, 21: 597-609. Nichols (2004) のアプローチすごくいいよね。でも自分でもやったか…

自由意志と心理学的知見 Myers (2008)

Are We Free?: Psychology and Free Will作者: John Baer,James C. Kaufman,Roy F. Baumeister出版社/メーカー: Oxford Univ Pr発売日: 2008/02/25メディア: ハードカバーこの商品を含むブログを見る Baer, J., Kaufman, J., & Baumeister, R., eds. (2008) …

自由意志の実験哲学をしてみよう Nahmias et al. (2005)

http://www.tandfonline.com/doi/abs/10.1080/09515080500264180#.UxPeT-N_s44 Nahmias, E., Morris, S., Nadelhoffer, Th. & Turner, J. (2005) Surveying Freedom: Folk Intuitions about free will and moral responsibility. Philosophical Psychology, …

自由意志の現象学へ向けて Nahmias et al. (2004)

http://www2.gsu.edu/~phlean/papers/Phenomenology_of_Free_Will.pdf Nahmias, E., Morris, S., Nadelhoffer, Th. & Turner, J. (2004) The phenomenology of free will. Journal of Consciousness Studies, 11, 162-179. ・自由意志の理論は現象学に一致す…

素朴概念としての自由意志を研究しよう Nichols (2004)

http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.0268-1064.2004.00269.x/abstract Nichols, S. (2004) The Folk Psychology of Free Will: Fits and Starts. Mind & Language, 19, 473–502. ・自由意志概念は素朴心理学の一部なのに自然主義的文献では無視さ…

神経科学は刑法への帰結主義的アプローチを推奨する Greene & Cohen (2004)

http://rstb.royalsocietypublishing.org/content/359/1451/1775 Greene, J. and Cohen, J. (2004) For the law, neuroscience changes nothing and everything. Philosophical Transactions of the Royal Society B: Biological Sciences, 359: 1775-85. 神…