えめばら園

Philosophier' Er nicht, Herr Schatz, und komm' Er her. Jetzt wird gefrühstückt. Jedes Ding hat seine Zeit.

移されたもの

優美さ Spencer (1868)

https://archive.org/details/essaysscientifi06spengoog Herbert Spencer (1868). Gracefulness. In his Essays: Scientific, political, and Speculative, vol. 1. London: Williams and Norgate. pp. 312–318. 美とは、事物の性質の中でも私たちが満足(g…

大陸の観念論とイギリスの観念論では具体的認識を求めた場所が異なっていた Walsh (1960)

https://archive.org/details/philosophyofhist027581mbp William Henry Walsh, (1960). Philosophy of History: An Introduction. New York, NY: Happer & Row. このように生じた歴史哲学へのバイアスは、英国哲学の安定した特徴として残り続けた。ここでぜ…

古代と現代における幾何学と自然種 Mellone (1905)

https://archive.org/details/in.ernet.dli.2015.204636 Sydney Herbert Mellone. (1905). Introductory Textbook of Logic. 2nd edition. Edinburgh and London: William Blackwood and Sons Note to Chapter 5. "Real Kinds" and "Essence" 「実在種」と「…

アリストテレス『カテゴリー論』7章にみられる、知識と知識対象が同時的である可能性への言及について:古代注釈者たちの見解

『カテゴリー論』7b10でアリストテレスは、「関係的なものは、その本性上、同時に存在する」と主張しています。これはたとえば、ある時に奴隷が存在するならば、奴隷というものの本性上、同時にその主人が存在するのでなくてはならない、ということです。逆…

トレンデレンブルク『論理学研究』概要 Rosenstock 1964

https://books.google.co.jp/books/about/F_A_Trendelenburg.html?id=gD41AQAAIAAJ Gershon George Rosenstock. (1964). F. A. Trendelenburg: Forerunner to John Dewey. Carbondale: Southern Illinois University Press. 2. His Principal Work F. A. ト…

カントによる知・情・意三能力説の確立 Beck (1969)

Early German Philosophy: Kant and His Predecessors作者: Lewis White Beck出版社/メーカー: Belknap Press発売日: 1969/06/01メディア: ハードカバーこの商品を含むブログ (1件) を見る Lewis White Beck, Early German Philosophy: Kant and His Predece…

「発生論的誤謬」 の起源? Cohen and Nagel (1934)

https://archive.org/details/in.ernet.dli.2015.499820 Cohen, M. R and Nagel, E. (1934). An Introduction To Logic And Scientific Method. London: Routledge & Kegan Paul. pp. 388−390 以下は、モーリス・コーエンとエルンスト・ネーゲルによる共著『…

感覚器官の猛烈な興奮と痛みの連合 Carpenter (1876)

https://archive.org/details/principlesofment00carprich Carpenter, W. B. (1876). Principles of mental physiology : with their applications to the training and discipline of the mind, and the study of its morbid conditions. London: Henry &Ki…

痛みは共通感覚ではない Titchener (1897) & (1899)

https://archive.org/details/anoutlinepsycho02titcgoog https://archive.org/details/b21294562 Tichener, Eduard Brandford. (1897). An Outline of Psychology, 2nd ed.. New York, NY: Macmillan. Tichener, Eduard Brandford. (1899). An Outline of P…

痛点にかんする実験マニュアル Titchener (1901)

https://archive.org/details/cu31924085712192 Tichener, Eduard Brandford. (1901). Experimental Psychology. A Manual of Laboratory Practice. Volume 1. Qualitative Experiments. Part 1. Students’ Manual. New York, NY: Macmillan. 以下に訳出した…

皮膚と筋肉から生じるものとしての痛み Titchener (1898)

https://archive.org/details/primerofpsycholo01titc Tichener, Eduard Brandford. (1898). A Primer of Psychology. New York, NY: Macmillan. 以下に訳出したのはE. B. ティチナーが1898年に書いた心理学の入門書から「痛み」に関連する部分です。ここで…

痛みこそ共通感覚である Titchener (1896)

https://archive.org/details/anoutlinepsycho06titcgoog Tichener, Eduard Brandford. (1896). An Outline of Psychology, 1st ed.. New York, NY: Macmillan. 以下に訳出したのはE. B. ティチナーが1896年に書いた心理学の入門書から「痛み」の節です。こ…

構築原因、「何故」の問い、スーパーヴィーニエンス Dretske (2010)

A Companion to the Philosophy of Action (Blackwell Companions to Philosophy)作者: Timothy O'Connor,Constantine Sandis出版社/メーカー: Wiley-Blackwell発売日: 2010/05/24メディア: ハードカバーこの商品を含むブログを見る O'Connor, T. and Sandis…

約束のパラドックス Driver (1983)

https://www.jstor.org/stable/4319630 Driver, J. (1983). Promises, Obligations, and Abilities. Philosophical Studies, 44 (2), 221−223. 次の3つの命題は真のパラドックスを構成している (1)Xすると約束した人は、Xする義務を負う (2)Xする義務…

シジウィックによる「べき」の意味の区別の導入 Sidwick (1877) & (1884)

https://archive.org/details/methodsofethics00sidguoft https://archive.org/details/methodsofethics00sidguoft Sidgwick, H. (1877). The Methods of Ethics, 2nd ed. London: MacMillan. Sidgwick, H. (1884). The Methods of Ethics, 3rd ed. London: …

1898年の自由意志と心理学 Titchener (1898)

https://archive.org/details/primerofpsycholo01titc Tichener, Eduard Brandford. (1898). A Primer of Psychology. New York, NY: Macmillan. §105 意志の自由 意志 注意や行為をあつかう心理学は意志心理学と呼ばれることが多い。これは、affection、fee…

世紀末オーストリアの心理学 Boring (1950)

A History of Experimental Psychology.作者: Edwin G. Boring出版社/メーカー: Prentice Hall発売日: 1950/06/01メディア: ハードカバーこの商品を含むブログ (5件) を見る Boring, E. (1950). A History of Experimental Psychology, 2nd ed.. Englewood C…

心理学史におけるロッツェ Boring (1950)

A History of Experimental Psychology.作者: Edwin G. Boring出版社/メーカー: Prentice Hall発売日: 1950/06/01メディア: ハードカバーこの商品を含むブログ (5件) を見る Boring, E. (1950). A History of Experimental Psychology, 2nd ed.. Englewood C…

心理学史におけるヨハン・フリードリヒ・ヘルバルト Boring (1950)

A History of Experimental Psychology.作者: Edwin G. Boring出版社/メーカー: Prentice Hall発売日: 1950/06/01メディア: ハードカバーこの商品を含むブログ (5件) を見る Boring, E. (1950). A History of Experimental Psychology, 2nd ed.. Englewood C…

「「心的出来事と脳」へのコメント」 Feyerabend (1963)

http://www.jstor.org/stable/2023030 Feyerabend, P. (1963). Comment: Mental Events and the Brain. Journal of Philosophy, 60(11): 295–296. シャッファーの考察〔Shaffer, J. 1963. Mental events and the brain〕とそこで参照されているこれまでの議…

オーストラリアにおける心脳同一説のはじまり Presley (1967)

Presley, C. F. (ed.) (1967). The identity theory of mind. Brisbane: University of Queensland Press. 現代の心の哲学における「心脳同一説」の起源は、1955年オーストリアのアデレード大学に遡ります。かつてライルの学生であった若きプレイス(31歳)…

「意識は脳過程なのか?」 Place (1956)

http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.2044-8295.1956.tb00560.x/abstract Place, U. T. (1956). Is consciousness a brain process? British Journal of Psychology, 47(1), 44–50. 要約 意識は脳内の過程であるというテーゼは、理にかなった科学…

心理学史におけるカント Boring (1950)

A History of Experimental Psychology.作者:Boring, Edwin G.Prentice HallAmazon Boring, E. (1950). A History of Experimental Psychology, 2nd ed.. Englewood Cliffs, NJ: Prentice-Hall. 13 German Psychology before 1850: Kant, Herbart and Lotze.…