えめばら園

Philosophier' Er nicht, Herr Schatz, und komm' Er her. Jetzt wird gefrühstückt. Jedes Ding hat seine Zeit.

知識の理論

私たちは自分の認識傾向や情動傾向を信用せざるをえないし、それは不合理ではない Zagzebski (2014)

Emotion and Value作者: Sabine Roeser,Cain Todd出版社/メーカー: Oxford Univ Pr発売日: 2015/01/06メディア: ハードカバーこの商品を含むブログ (3件) を見る Roeser, S. and Todd, C. (eds.), (2014). Emotion and value. Oxford. Oxford University Pre…

ポアンカレの科学:色彩の主観性と関係の客観性 Daston and Galison (2007)

Objectivity (Zone Books)作者: Lorraine Daston,Peter Galison出版社/メーカー: Zone Books発売日: 2010/11/05メディア: ペーパーバック購入: 1人 クリック: 8回この商品を含むブログ (3件) を見る Daston, L., and Galison, P. (2007). Objectivity. New Y…

指示にかんする直観の文化差 再訪 Sytsma, Livengood, Sato, and Oguchi (2015)

http://link.springer.com/article/10.1007%2Fs13164-014-0206-3 Sytsma, J., Livengood, J., Sato, R., and Oguchi, M. (2015). Reference in the Land of the Rising Sun: A Cross-cultural Study on the Reference of Proper Names. Review of Philosophy…

「思考の認知科学と合理性」太田・小口 (2014)

シリーズ 新・心の哲学I 認知篇作者: 信原幸弘,太田紘史出版社/メーカー: 勁草書房発売日: 2014/05/14メディア: 単行本この商品を含むブログ (11件) を見る 信原幸弘・太田紘史編 (2014) 『シリーズ 新・心の哲学』 (勁草書房) I 認知篇 第2章 飯島和樹「…

観察によらない行為の知識について Velleman (2007)

Practical Reflection (David Hume Series)作者: J. David Velleman出版社/メーカー: Stanford Univ Center for the Study発売日: 2007/04/24メディア: ペーパーバックこの商品を含むブログを見る Velleman (2007) Practical Reflection. Stanford Universit…

知的勇気 #とは Baehr (2011)

The Inquiring Mind: On Intellectual Virtues and Virtue Epistemology作者: Jason Baehr出版社/メーカー: Oxford Univ Pr on Demand発売日: 2011/09/05メディア: ハードカバー クリック: 2回この商品を含むブログを見る Baehr, J. (2011) The Inquiring Mi…

心の広さ #とは Baehr (2011)

The Inquiring Mind: On Intellectual Virtues and Virtue Epistemology作者: Jason Baehr出版社/メーカー: Oxford Univ Pr on Demand発売日: 2011/09/05メディア: ハードカバー クリック: 2回この商品を含むブログを見る Baehr, J. (2011) The Inquiring Mi…

性格徳 vs 信頼性主義 Baehr (2011)

The Inquiring Mind: On Intellectual Virtues and Virtue Epistemology作者: Jason Baehr出版社/メーカー: Oxford Univ Pr on Demand発売日: 2011/09/05メディア: ハードカバー クリック: 2回この商品を含むブログを見る Baehr, J. (2011) The Inquiring Mi…

知的徳 #とは Baehr (2011)

The Inquiring Mind: On Intellectual Virtues and Virtue Epistemology作者: Jason Baehr出版社/メーカー: Oxford Univ Pr on Demand発売日: 2011/09/05メディア: ハードカバー クリック: 2回この商品を含むブログを見る Baehr, J. (2011) The Inquiring Mi…

自然選択は信頼可能な信念形成戦略を好まないというスティッチの議論について Feldman (1989)

http://www.csus.edu/indiv/m/mccormickm/FeldmanRationality.pdf Feldman, R. (1998) Rationality, Reliability, and Natural Selection, Philosophy of Science, 55:218-227 仮に信頼可能な信念形成戦略を持つことが進化的なアドバンテージを持つとしても…

進化論がもたらす認識にかんする懐疑論 Littmann (2011)

http://www.tandfonline.com/doi/abs/10.1080/05568641.2011.560028#.U6Kqu41_t8Q Littmann, G. (2011) Darwin's Doubt Defended: Why Evolution Supports Skepticism, Philosophical Papers, 40:81-103 自然淘汰によって作られた認識能力によってわれわれが…

真なる信念を持つことはそんなに適応的なのか? Sage (2004)

http://download.springer.com/static/pdf/293/art%253A10.1023%252FB%253APHIL.0000014527.34545.c9.pdf?auth66=1403205899_653db9c8df6ff576b31d4d33ec81af79&ext=.pdf Sage, J. (2004) Truth-Reliability and the Evolution of Human Cognitive Faculties…

ミルウィウス橋論法:進化は人間の認知能力にどう影響するか Griffiths and Wilkins (forthcoming)

http://philsci-archive.pitt.edu/5314/ Griffiths, P. and Wilkins, J. (forthcoming) When do evolutionary explanations of belief debunk belief? Darwin in the 21st Century <進化は適応を追跡する過程であり真理を追跡する過程ではない>。このこと…

「概念の能力と合理性−−実験哲学は心理学以上の含意を持つか」 飯島・太田 (2014)

http://www.info.human.nagoya-u.ac.jp/lab/phil/todayama/njp.html 飯島和樹・太田紘史 (2014) 「概念の能力と合理性−−実験哲学は心理学以上の含意を持つか」 Nagoya Journal of Philosophy, 11: 39-61. 実験哲学は、例えば道徳認知により意図性判断のパタ…

分析的認識論のどこが間違っているか? Bishop and Trout (2005)

Epistemology and the Psychology of Human Judgement作者: Michael A. Bishop,J. D. Trout出版社/メーカー: Oxford University Press発売日: 2004/12/23メディア: ペーパーバックこの商品を含むブログ (7件) を見る Bishop,M. and Trout, J. (2005) *Episte…

戦略信頼性主義(3):なにが解くべき問題なのか Bishop and Trout (2005)

Epistemology and the Psychology of Human Judgement作者: Michael A. Bishop,J. D. Trout出版社/メーカー: Oxford University Press発売日: 2004/12/23メディア: ペーパーバックこの商品を含むブログ (7件) を見る Bishop,M. and Trout, J. (2005) *Episte…

戦略信頼性主義(2):信頼性と時間で費用便益分析する Bishop & Trout (2005)

Epistemology and the Psychology of Human Judgement作者: Michael A. Bishop,J. D. Trout出版社/メーカー: Oxford University Press発売日: 2004/12/23メディア: ペーパーバックこの商品を含むブログ (7件) を見る Bishop,M. and Trout, J. (2005) *Episte…

戦略信頼性主義(1):信頼性について Bishop & Trout (2005) 

Epistemology and the Psychology of Human Judgement作者: Michael A. Bishop,J. D. Trout出版社/メーカー: Oxford University Press発売日: 2004/12/23メディア: ペーパーバックこの商品を含むブログ (7件) を見る Bishop,M. and Trout, J. (2005) *Episte…

認識論に対するコスト・ベネフィットのアプローチ Bishop & Trout (2005) 

Epistemology and the Psychology of Human Judgement作者: Michael A. Bishop,J. D. Trout出版社/メーカー: Oxford University Press発売日: 2004/12/23メディア: ペーパーバックこの商品を含むブログ (7件) を見る Bishop,M. and Trout, J. (2005) *Episte…

統計的な予測規則とその成功 Bishop & Trout (2005) 

Epistemology and the Psychology of Human Judgement作者: Michael A. Bishop,J. D. Trout出版社/メーカー: Oxford University Press発売日: 2004/12/23メディア: ペーパーバックこの商品を含むブログ (7件) を見る Bishop,M. and Trout, J. (2005) *Episte…

もっと実践的な認識論を作る Bishop & Trout (2005) 

Epistemology and the Psychology of Human Judgement作者: Michael A. Bishop,J. D. Trout出版社/メーカー: Oxford University Press発売日: 2004/12/23メディア: ペーパーバックこの商品を含むブログ (7件) を見る Bishop,M. and Trout, J. (2005) *Episte…

論理学の原理がそのまま推論の規範原理だよという描像に反論する Stein (1996)

Without Good Reason: The Rationality Debate in Philosophy and Cognitive Science (CLARENDON LIBRARY OF LOGIC AND PHILOSOPHY)作者: Edward Stein出版社/メーカー: Clarendon Pr発売日: 1996/01/25メディア: ハードカバー クリック: 3回この商品を含む…

人間は合理的かどうかを決める前にまだまだ知るべき事がある Stein (1996)

Without Good Reason: The Rationality Debate in Philosophy and Cognitive Science (CLARENDON LIBRARY OF LOGIC AND PHILOSOPHY)作者: Edward Stein出版社/メーカー: Clarendon Pr発売日: 1996/01/25メディア: ハードカバー クリック: 3回この商品を含む…

チャリティ原則 Stein (1996)

Without Good Reason: The Rationality Debate in Philosophy and Cognitive Science (CLARENDON LIBRARY OF LOGIC AND PHILOSOPHY)作者: Edward Stein出版社/メーカー: Clarendon Pr発売日: 1996/01/25メディア: ハードカバー クリック: 3回この商品を含む…

知覚によって道徳知識を手に入れる McBrayer (2008) 

This Is Not Available 040539作者: Justin Patrick McBrayer出版社/メーカー: Proquest, Umi Dissertation Publishing発売日: 2011/09/11メディア: ペーパーバックこの商品を含むブログ (4件) を見る(https://mospace.umsystem.edu/xmlui/handle/10355/551…

道徳認識論をしよう McBrayer (2008)

This Is Not Available 040539作者: Justin Patrick McBrayer出版社/メーカー: Proquest, Umi Dissertation Publishing発売日: 2011/09/11メディア: ペーパーバックこの商品を含むブログ (4件) を見る(https://mospace.umsystem.edu/xmlui/handle/10355/551…

無知なヤツは死ぬ。従って懐疑論は誤り Dretske (1989)

Knowledge And Skepticism作者: Marjorie Clay出版社/メーカー: Routledge発売日: 1989/08/06メディア: ペーパーバックこの商品を含むブログ (1件) を見る Clay, M. & Lehrer, K. eds. 1989) *Knowledge And Skepticism* 5 Dretske, F. "The Need to Know" ←…

哲学の権威と自立性の擁護 Bealer (1995)

http://link.springer.com/article/10.1007%2FBF00372777 Bealer (1995) A priori knowledge and the scope of philosophy 目的:哲学の自立と権威の擁護 ・哲学の自立:標準的な理論的方法で答えられる哲学の中心問題の 多くは、原則として、科学に実質的に…

反省的均衡の諸問題 植原 (2008)

http://hps.c.u-tokyo.ac.jp/publications/kagakushi-kagakutetsugaku/no21/ 植原亮 (2008) 「反省・合理性・分業体制」 『科学史・科学哲学』 No. 21 反省的均衡の問題 ある信念の受容が合理的なのは、それがある規則によって導出されている時だと考えられ…

認識的副作用効果に関する5つの実験 Beebe & Jensen (2012)

http://philpapers.org/rec/BEESCB Beebe & Jensen (2012)Surprising connections between knowledge and action: The robustness of the epistemic side-effect effect 序論 Beebe & Buckwulter (2010)は、ノーブ効果の実験の際に用いられた「社長が環境を…