えめばら園

Philosophier' Er nicht, Herr Schatz, und komm' Er her. Jetzt wird gefrühstückt. Jedes Ding hat seine Zeit.

心の哲学

カントによる知・情・意三能力説の確立 Beck (1969)

Early German Philosophy: Kant and His Predecessors作者: Lewis White Beck出版社/メーカー: Belknap Press発売日: 1969/06/01メディア: ハードカバーこの商品を含むブログ (1件) を見る Lewis White Beck, Early German Philosophy: Kant and His Predece…

「内観は内を眺める過程ではない」:表象主義の内観観 Dretske 1995[2007]

心を自然化する (ジャン・ニコ講義セレクション 2) (ジャン・ニコ講義セレクション 2)作者: フレッド・ドレツキ,鈴木貴之出版社/メーカー: 勁草書房発売日: 2007/10/29メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 6回この商品を含むブログ (6件) を見る Dretske, F…

機能の様相説と目的意味論 Nanay (2014)

http://www.journals.uchicago.edu/doi/abs/10.1086/677684 Nanay, B. (2014). Teleosemantics without etiology. Philosophy of Science, 81 (5), 798−810. 1. 心の生物学化 心的状態とその志向的対象との関係は、ふつうの科学理論の被説明項にはない特徴が…

構築原因、「何故」の問い、スーパーヴィーニエンス Dretske (2010)

A Companion to the Philosophy of Action (Blackwell Companions to Philosophy)作者: Timothy O'Connor,Constantine Sandis出版社/メーカー: Wiley-Blackwell発売日: 2010/05/24メディア: ハードカバーこの商品を含むブログを見る O'Connor, T. and Sandis…

草は学習しないので行為しないけど鳥は学習するので行為する Dretske (1999)

https://link.springer.com/article/10.1023/A%3A1005541307925 Dretske, F. (1999). Machines, plants, and animals: The origins of agency. Erkenntnis, 51(1), 19−31. ※内容的には『行動を説明する』の2章におおむね対応しています 合目的行為とは思考に…

生物の行動を研究するとはどういうことなのか Millikan (1993)

White Queen Psychology and Other Essays for Alice (Bradford Books)作者: Ruth Garrett Millikan出版社/メーカー: The MIT Press発売日: 1993/04/29メディア: ハードカバーこの商品を含むブログ (2件) を見る Millikan, R. (1993). White Queen Psycholog…

素朴心理学と認知科学 Millikan (1993)

White Queen Psychology and Other Essays for Alice (Bradford Books)作者: Ruth Garrett Millikan出版社/メーカー: The MIT Press発売日: 1993/04/29メディア: ハードカバーこの商品を含むブログ (2件) を見る Millikan, R. (1993). White Queen Psycholog…

自分になる薬 vs. 自分以上になる薬 Riis, Simmons, and Goodwin (2008)

https://academic.oup.com/jcr/article-abstract/35/3/495/1856272/Preferences-for-Enhancement-Pharmaceuticals-The Jason Riis, Joseph P. Simmons, and Geoffrey P. Goodwin (2008). Preferences for enhancement pharmaceuticals: The reluctance to en…

仮現運動とバイオロジカルモーション Shiffrar and Freyd (1990)

http://journals.sagepub.com/doi/abs/10.1111/j.1467-9280.1990.tb00210.x Maggie Schiffrar and Jennifer J. Freyd (1990). Apparent Motion of the Human Body. Psychological Science, 1(4): 257−264. 形の異なる2つの対象を素早く連続提示すると、対象…

意識の数と人格の数を区別する Davis (1997)

http://link.springer.com/article/10.1023%2FA%3A1004278612080?LI=true Lawrence Davis (1997). Cerebral Hemispheres. Philosophical Studies, 87(2): 207−222. Ronald Puccetti (1981) は、分離脳患者には2つの意識の流れと2つの人格(Person)がある…

意識は程度をゆるすものか? Lockwood (1989)

Mind, Brain and the Quantum: The Compound 'I'作者: Michael Lockwood出版社/メーカー: Blackwell Pub発売日: 1991/05/01メディア: ペーパーバックこの商品を含むブログ (1件) を見る Lockwood, Michael (1989). Mind, Brain, and the Quantum - The Compo…

分離脳患者の意識は本当に統一されているのか? Schechter (2012)

http://www.tandfonline.com/doi/abs/10.1080/09515089.2011.579417 Schechter, Elizabeth (2012). The switch model of split-brain consciousness. Philosophical psychology. 25(2): 203−226. ティム・ベインは、分離脳患者の意識経験について「スイッチ…

独自な態度としての情動 Deonna and Teroni (2014)

Emotion and Value作者: Sabine Roeser,Cain Todd出版社/メーカー: Oxford Univ Pr発売日: 2015/01/06メディア: ハードカバーこの商品を含むブログ (3件) を見る Roeser, S. and Todd, C. (eds.), (2014). Emotion and value. Oxford. Oxford University Pre…

情動は信念を正当化する Pelser (2014)

Emotion and Value作者: Sabine Roeser,Cain Todd出版社/メーカー: Oxford Univ Pr発売日: 2015/01/06メディア: ハードカバーこの商品を含むブログ (3件) を見る Roeser, S. and Todd, C. (eds.), (2014). Emotion and value. Oxford. Oxford University Pre…

時間経過の経験なんてないのでは? Frischhut (2015)

http://link.springer.com/article/10.1007%2Fs11245-013-9211-x Frischhut, A. (2015). What experience cannot teach us about time? Topoi, 34: 143−155. 時間流れるよ派の人は、次のような議論をすることがある。 【経験からの論証(AfE)】 1. われわれ…

意識とメタ意識は乖離する Schooler (2002)

http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1364661302019496 Schooler, J. W. (2002). Re-representing consciousness: dissociations between experience and meta-consciousness. TRENDS in Cognitive Science, 6(8): 339−344. 意識はよく報告可…

実験のあと経験についての報告をとると高次機能についてよくわかるのでは Jack and Roepstorff (2002)

http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1364661302019411 Jack, A. I. and Roepstorff, A. (2002). Introspections and cognitive brain mapping: From stimulus-response to script-report. TRENDS in Cognitive Science, 6(8): 333−339. 認知…

統一科学運動としての論理的行動主義 Hempel (1997)

A Historical Introduction to the Philosophy of Mind: Readings With Commentary作者: Peter A. Morton出版社/メーカー: Broadview Press発売日: 1997/04/01メディア: ペーパーバックこの商品を含むブログ (1件) を見る Hempel. C. (1997). The logical an…

「「心的出来事と脳」へのコメント」 Feyerabend (1963)

http://www.jstor.org/stable/2023030 Feyerabend, P. (1963). Comment: Mental Events and the Brain. Journal of Philosophy, 60(11): 295–296. シャッファーの考察〔Shaffer, J. 1963. Mental events and the brain〕とそこで参照されているこれまでの議…

オブジェクトとはなんだったのか 中畑 (2011)

魂の変容――心的基礎概念の歴史的構成作者:中畑 正志発売日: 2011/06/29メディア: 単行本 中畑正志 (2011). 『魂の変容:心的基礎概念の歴史的構成』,(岩波書店). 読みました。どの論文でも(主に)古代の哲学者のテキストの解釈が現代哲学の問題と結びつけ…

自己の空間的境界 Dainton (2008)

The Phenomenal Self作者: Barry Dainton出版社/メーカー: Oxford Univ Pr on Demand発売日: 2008/05/25メディア: ハードカバーこの商品を含むブログを見る Dainton, B. (2008). The Phenomenal Self. Oxford: Oxford University Press. Ch. 1 Mind and Self…

オーストラリアにおける心脳同一説のはじまり Presley (1967)

Presley, C. F. (ed.) (1967). The identity theory of mind. Brisbane: University of Queensland Press. 現代の心の哲学における「心脳同一説」の起源は、1955年オーストリアのアデレード大学に遡ります。かつてライルの学生であった若きプレイス(31歳)…

「意識は脳過程なのか?」 Place (1956)

http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.2044-8295.1956.tb00560.x/abstract Place, U. T. (1956). Is consciousness a brain process? British Journal of Psychology, 47(1), 44–50. 要約 意識は脳内の過程であるというテーゼは、理にかなった科学…

ヘテロ現象学とは デネット (1991)[1998]

解明される意識作者:ダニエル・C. デネット青土社Amazon Dennett, D. (1991). Consciousness explained. New York, NY. Little, Brown, and Company. (1998, 山口泰司訳, 『解明される意識』, 青土社) 第4章 現象学に代わる方法 『解明される意識』のヘテロ…

現象的連続性を中心にした人格の同一性の理論を作ろう Dainton (2008)

The Phenomenal Self作者: Barry Dainton出版社/メーカー: Oxford Univ Pr on Demand発売日: 2008/05/25メディア: ハードカバーこの商品を含むブログを見る Dainton, B. (2008). The Phenomenal Self. Oxford: Oxford University Press. Ch. 1 Mind and Self…

「視覚意識の神経基盤論争:かい離説の是非と知覚経験の見かけの豊かさを中心に」 佐藤 (2014)

シリーズ 新・心の哲学II 意識篇作者: 信原幸弘,太田紘史出版社/メーカー: 勁草書房発売日: 2014/05/14メディア: 単行本この商品を含むブログ (8件) を見る 信原幸弘・太田紘史編 (2014) 『シリーズ 新・心の哲学』 (勁草書房) ]II 意識篇 第2章 佐藤亮司…

「思考の認知科学と合理性」太田・小口 (2014)

シリーズ 新・心の哲学I 認知篇作者: 信原幸弘,太田紘史出版社/メーカー: 勁草書房発売日: 2014/05/14メディア: 単行本この商品を含むブログ (11件) を見る 信原幸弘・太田紘史編 (2014) 『シリーズ 新・心の哲学』 (勁草書房) I 認知篇 第2章 飯島和樹「…

「先延ばしと情動」 信原 (2014)

シリーズ 新・心の哲学III 情動篇作者: 信原幸弘,太田紘史出版社/メーカー: 勁草書房発売日: 2014/05/14メディア: 単行本この商品を含むブログ (6件) を見る 信原幸弘・太田紘史編 (2014) 『シリーズ 新・心の哲学』 (勁草書房) III 情動篇 第2章 西堤優…

「自己制御と誘惑」 西堤 (2014)

シリーズ 新・心の哲学III 情動篇作者: 信原幸弘,太田紘史出版社/メーカー: 勁草書房発売日: 2014/05/14メディア: 単行本この商品を含むブログ (6件) を見る 信原幸弘・太田紘史編 (2014) 『シリーズ 新・心の哲学』 (勁草書房) III 情動篇 第2章 西堤優…

情動、理由、合理性 信原 (2015)

http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/handle/2261/56435 信原幸弘 (2015).「判断に抗して情動に導かれる行為は合理的でありうるか」, 『哲学・科学史論叢』, 27, pp.1-15. 人は、判断を裏切って情動(恐怖など)に基づいて行為してしまう場合が…