えめばら園

Philosophier' Er nicht, Herr Schatz, und komm' Er her. Jetzt wird gefrühstückt. Jedes Ding hat seine Zeit.

倫理学

19世紀英国アサイラムの「入院記録」 Berkenkotter & Hanganu-Bresch (2011)

Berkenkotter, C. & Hanganu-Bresch, C. (2011) Occult Genres and the Certification of Madness in a 19th-Century Lunatic Asylum. Written Communication, 28(2):220−250. 19世紀英国のアサイラムには、少数の内科医とアサイラムの医療監督しか目にしな…

気づかず悪いことをしてしまった場合、その無知自体が非難されるべきなのか Clarke (2014)

Surrounding Free Will: Philosophy, Psychology, Neuroscience作者: Alfred R. Mele出版社/メーカー: Oxford Univ Pr発売日: 2014/11/07メディア: ハードカバーこの商品を含むブログ (3件) を見る Mele, A. (ed.) (2014). Surrounding Free Will (Oxford Un…

外在的な究極的価値としての道具的価値 Rønnow-Rasmussen (2002)

http://link.springer.com/article/10.1023%2FA%3A1014422001048 Rønnow-Rasmussen, T. (2002) Instrumental Values: Strong and Weak. Ethical Theory and Moral Practice, 5(1):23−43. これはいろいろな論点があって勉強になる論文でした。 究極的価値には…

毎週火曜はクマをいじめよう! ロンドン、ホープ座の熊いじめ Hotson (1928)

https://archive.org/details/commonwealthrest00hots Hotson, L. (1928) The Commonwealth and Restoration Stage. Harvard University Press. Bear Gardens and Bear-Baiting (pp. 59-70) 17世紀ロンドンで貴族と大衆に大受けした娯楽に、「熊いじめ」[b…

しなければならなさについて Williams (1981)

Moral Luck: Philosophical Papers 1973?1980 (Cambridge Paperback Library)作者: Bernard Williams出版社/メーカー: Cambridge University Press発売日: 1981/12/03メディア: ペーパーバックこの商品を含むブログ (1件) を見る Williams, B. (1981). Moral…

意図的行為だけに責任を帰す規則とその含意 マッキー (1977) [1990]

倫理学―道徳を創造する作者: J.L.マッキー出版社/メーカー: 晢書房発売日: 1990/10メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 3回この商品を含むブログ (10件) を見る マッキー, J. L. (1977) [1990] 『倫理学―道徳を創造する』(高知健太郎他訳 晢書房) 第三章 …

マッキーの錯誤理論 Joyce (2007)

http://plato.stanford.edu/entries/moral-anti-realism/moral-error-theory.html Joyce, R. (2007) Mackie's arguments for the moral error theory マッキーの錯誤理論とそれをめぐる議論の応酬をまとめたSEPの記事を読みました。次のように整理できます、…

人間は神ではない 川島 (2003)

ムーサよ、語れ―古代ギリシア文学への招待作者: 川島重成,高田康成出版社/メーカー: 三陸書房発売日: 2003/05メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 5回この商品を含むブログ (1件) を見る 川島重成 (2003). 「ホメロス『イリアス』:人間と神々」, 川島、高…

よくわかる自閉症研究 金沢大学子供のこころ発達研究センター (2013)

自閉症という謎に迫る 研究最前線報告 (小学館新書)作者: 金沢大学子どものこころの発達研究センター出版社/メーカー: 小学館発売日: 2013/12/02メディア: 新書この商品を含むブログ (9件) を見る 金沢大学子どものこころの発達研究センター監修 (2013) 『自…

免疫学と哲学 Anderson (2014)

http://www.jstor.org/stable/10.1086/678176 Anderson,W. (2014) Getting Ahead of One’s Self?: The Common Culture of Immunology and Philosophy, Isis, 105, pp. 606-616 現代の哲学や社会思想はますます免疫学の概念を用いるようになってきている。し…

リプライ;中毒のさらなる科学的解明の課題 Montague (2014)

Moral Psychology: Free Will and Moral Responsibility (A Bradford Book)作者: Walter Sinnott-Armstrong出版社/メーカー: A Bradford Book発売日: 2014/02/21メディア: ペーパーバックこの商品を含むブログ (8件) を見る Sinnott-Armstrong, W. ed. (2014…

コメント:どうしてなぜ中毒者は欲求を抑制できないのか Sripada (2014)

Moral Psychology: Free Will and Moral Responsibility (A Bradford Book)作者: Walter Sinnott-Armstrong出版社/メーカー: A Bradford Book発売日: 2014/02/21メディア: ペーパーバックこの商品を含むブログ (8件) を見る Sinnott-Armstrong, W. ed. (2014…

コメント:自律を放棄しないと規範を守れない中毒者のつらみについて Yaffe (2014)

Moral Psychology: Free Will and Moral Responsibility (A Bradford Book)作者: Walter Sinnott-Armstrong出版社/メーカー: A Bradford Book発売日: 2014/02/21メディア: ペーパーバックこの商品を含むブログ (8件) を見る Sinnott-Armstrong, W. ed. (2014…

法廷に立つ二人組精神病 Newman & Harbit (2010)

http://www.jaapl.org/content/38/3/369.long Newman, W. J. & Harbit, M. A. (2010) Folie à Deux and the Courts, Journal of American Academy of Psychiatry and the Law, 38, 369-375. 二人組精神病はまだまだ確立したカテゴリではなくて、法廷において…

ケンブリッジ・プラトニストの反主意主義 シュナイウィンド (1998) [2011]

自律の創成: 近代道徳哲学史 (叢書・ウニベルシタス)作者: ジェローム・B.シュナイウィンド,田中秀夫,逸見修二出版社/メーカー: 法政大学出版局発売日: 2011/11/25メディア: 単行本 クリック: 13回この商品を含むブログ (11件) を見る シュナイウィンド・J (…

よみがえるストア派 シュナイウィンド (1998) [2011]

自律の創成: 近代道徳哲学史 (叢書・ウニベルシタス)作者: ジェローム・B.シュナイウィンド,田中秀夫,逸見修二出版社/メーカー: 法政大学出版局発売日: 2011/11/25メディア: 単行本 クリック: 13回この商品を含むブログ (11件) を見る シュナイウィンド・J (…

功利主義、ダメ マッキー (1977) [1990]

倫理学―道徳を創造する作者: J.L.マッキー出版社/メーカー: 晢書房発売日: 1990/10メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 3回この商品を含むブログ (10件) を見る マッキー, J. L. (1977) [1990] 『倫理学―道徳を創造する』(高知健太郎他訳 晢書房) 第三章 …

普遍的仁愛の道徳 vs ケアの倫理 Slote (2001)

Morals from Motives作者: Michael A. Slote出版社/メーカー: Oxford Univ Pr on Demand発売日: 2001/02/15メディア: ハードカバーこの商品を含むブログを見る Slote, M. (2001) Morals from Motives (Oxford University Press) Ch.1 Agent-based Ethics Ch.…

行為者に注目した全く新しい徳倫理学を作る Slote (2001)

Morals from Motives作者: Michael A. Slote出版社/メーカー: Oxford Univ Pr on Demand発売日: 2001/02/15メディア: ハードカバーこの商品を含むブログを見る Slote, M. (2001) Morals from Motives (Oxford University Press) Ch.1 Agent-based Ethics ←い…

海の科学史 Rozwadowski (2014)

http://www.jstor.org/stable/10.1086/676566 Focus: Knowing the Ocean: A Role for the History of Science (ISIS, Vol. 105, No. 2, June 2014) Rozwadowski, H. M. Introduction ←いまここ Reidy, M. S. & Rozwadowski, H. M. The Spaces In Between: Sc…

制度と道徳 マッキー (1977) [1990]

倫理学―道徳を創造する作者: J.L.マッキー出版社/メーカー: 晢書房発売日: 1990/10メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 3回この商品を含むブログ (10件) を見る マッキー, J. L. (1977) [1990] 『倫理学―道徳を創造する』(高知健太郎他訳 晢書房) 第三章 …

18世紀の「科学と社会」 隠岐 (2014)

現代思想 2014年8月号 特集=科学者 -科学技術のポリティカルエコノミー-作者: 小柴昌俊,中村桂子,佐藤文隆,野家啓一,塚原東吾,美馬達哉,金森修,近藤和敬,榎木英介,粥川準二出版社/メーカー: 青土社発売日: 2014/07/28メディア: ムックこの商品を含むブログ (…

ロックの道徳科学、トマジウスの自己立法 シュナイウィンド (1998) [2011]

自律の創成: 近代道徳哲学史 (叢書・ウニベルシタス)作者: ジェローム・B.シュナイウィンド,田中秀夫,逸見修二出版社/メーカー: 法政大学出版局発売日: 2011/11/25メディア: 単行本 クリック: 13回この商品を含むブログ (11件) を見る シュナイウィンド・J (…

徳倫理のナチュラリズム Hursthouse (1999)

On Virtue Ethics作者: Rosalind Hursthouse出版社/メーカー: Oxford Univ Pr on Demand発売日: 2000/03/02メディア: ハードカバーこの商品を含むブログを見る Hursthouse, R. (1999) On Virtue Ethics (Oxford University Press) Ch.3 Irresolvable and Tra…

「俗流社会生物学者」の語る「哲学」 キッチャー (1992)

キッチャー, Ph. (1985) [1992] 「野望の跳梁:社会生物学は人間の本性に迫れるか」(三中信宏訳), 『現代思想』 20, (5) : 62-92 なんとこんなところにフィリップ・キッチャーの翻訳があったんですね。キッチャーは戸田山科学哲学入門で説明の統合モデルの…

徳倫理における「道徳的動機」Hursthouse (1999)

On Virtue Ethics作者: Rosalind Hursthouse出版社/メーカー: Oxford Univ Pr on Demand発売日: 2000/03/02メディア: ハードカバーこの商品を含むブログを見る Hursthouse, R. (1999) On Virtue Ethics (Oxford University Press) Ch.3 Irresolvable and Tra…

17世紀の自然法(スアレスとグロティウス)シュナイウィンド (1998) [2011]

自律の創成: 近代道徳哲学史 (叢書・ウニベルシタス)作者: ジェローム・B.シュナイウィンド,田中秀夫,逸見修二出版社/メーカー: 法政大学出版局発売日: 2011/11/25メディア: 単行本 クリック: 13回この商品を含むブログ (11件) を見る シュナイウィンド・J (…

主知主義と主意主義 シュナイウィンド (1998) [2011]

自律の創成: 近代道徳哲学史 (叢書・ウニベルシタス)作者: ジェローム・B.シュナイウィンド,田中秀夫,逸見修二出版社/メーカー: 法政大学出版局発売日: 2011/11/25メディア: 単行本 クリック: 13回この商品を含むブログ (11件) を見る シュナイウィンド・J (…

解けないジレンマ、悲劇的なジレンマ Hursthouse (1999)

On Virtue Ethics作者: Rosalind Hursthouse出版社/メーカー: Oxford Univ Pr on Demand発売日: 2000/03/02メディア: ハードカバーこの商品を含むブログを見る Hursthouse, R. (1999) On Virtue Ethics (Oxford University Press) Ch.3 Irresolvable and Tra…

やっぱり経験的に言って内在主義は間違っているのではないか Roskies (2007)

Moral Psychology: The Neuroscience of Morality: Emotion, Brain Disorders, and Development (The MIT Press)作者: Walter Sinnott-Armstrong出版社/メーカー: The MIT Press発売日: 2007/10/19メディア: ペーパーバックこの商品を含むブログ (3件) を見…