えめばら園

Philosophier' Er nicht, Herr Schatz, und komm' Er her. Jetzt wird gefrühstückt. Jedes Ding hat seine Zeit.

倫理学

情動主義、指令主義、サルトル MacIntyre (1966) [1994]

西洋倫理思想史〈下〉作者: A.マッキンタイアー,Alasdair Macintyre,井上義彦,東城邦裕,柏田康史,岩隈敏出版社/メーカー: 九州大学出版会発売日: 1994/03メディア: 単行本 クリック: 1回この商品を含むブログ (8件) を見る Alasdair MacIntyre (1966). A Sho…

全てを考慮したときの良さとしての道徳性 Harris (2014)

How to Be Good: The Possibility of Moral Enhancement作者: John Harris出版社/メーカー: Oxford Univ Pr発売日: 2016/06/07メディア: ハードカバーこの商品を含むブログ (3件) を見る John Harris (2014). How to be Good. Oxford University Press 2. Wh…

感情労働の何が悪いのか? 信原 (2017)

情動の哲学入門: 価値・道徳・生きる意味作者: 信原幸弘出版社/メーカー: 勁草書房発売日: 2017/11/10メディア: 単行本この商品を含むブログ (4件) を見る 信原幸弘 (2017). 『情動の哲学入門』. 春秋社 第7章 感情労働 感情労働とは、情動やその表出の制御…

意志する生きものとしての人間と「とても考えられない」行為  Frankfurt (1988)

The Importance of What We Care About: Philosophical Essays作者: Harry G. Frankfurt出版社/メーカー: Cambridge University Press発売日: 1988/09/15メディア: ペーパーバック購入: 1人 クリック: 2回この商品を含むブログ (7件) を見る Frankfurt, H. (…

最大の快は最大の苦痛を上回らない Allen (1877)

https://archive.org/details/physiologicalae00allegoog Allen, G. (1877). Physiological Aesthetics. London: Henry & King Chapter II. Pleasure and Pain §2 Pain §3 Pleasure 痛みから快へ話を移すにあたり、アレンはベインが提起する次の法則に言及す…

ウェルビーイング療法と臨床 Ruini and Fava (2014)

Stability of Happiness: Theories and Evidence on Whether Happiness Can Change作者: Kennon M Sheldon,Richard E. Lucas出版社/メーカー: Academic Press発売日: 2016/06/30メディア: ペーパーバックこの商品を含むブログ (1件) を見る Sheldon, K. M. &…

アロイス・リールと(未完の)実践哲学 Beiser (2014)

The Genesis of Neo-Kantianism 1796-1880作者: Frederick C. Beiser出版社/メーカー: Oxford Univ Pr発売日: 2015/01/27メディア: ハードカバーこの商品を含むブログ (1件) を見る Beiser, F. (2014). The Genesis of Neo-Kantianism, 1796−1880. Oxford: O…

自分は善いことをしたと思っている人は(結果はどうあれ)幸福である Philips, Nyholm, and Liao (2015)

Oxford Studies in Experimental Philosophy作者: Tania Lombrozo,Joshua Knobe,Shaun Nichols出版社/メーカー: Oxford University Press発売日: 2015/01/13メディア: ペーパーバックこの商品を含むブログを見る Lombrozo, T., Knobe, J. & Nichols, S. (eds…

約束のパラドックス Driver (1983)

https://www.jstor.org/stable/4319630 Driver, J. (1983). Promises, Obligations, and Abilities. Philosophical Studies, 44 (2), 221−223. 次の3つの命題は真のパラドックスを構成している (1)Xすると約束した人は、Xする義務を負う (2)Xする義務…

シジウィックによる「べき」の意味の区別の導入 Sidwick (1877) & (1884)

https://archive.org/details/methodsofethics00sidguoft https://archive.org/details/methodsofethics00sidguoft Sidgwick, H. (1877). The Methods of Ethics, 2nd ed. London: MacMillan. Sidgwick, H. (1884). The Methods of Ethics, 3rd ed. London: …

そうだったらよいのでそうであるわけではない Greve (2011)

https://www.cambridge.org/core/journals/utilitas/article/wishful-thinking-in-moral-theorizing-comment-on-enoch/447CCEB140A48253D3AC2EFC1BF0919C Rob van Someren Greve (2011). Wishful Thinking in Moral Theorizing: Comment on Enoch. Utilitas,…

そうだったらよいのでそうである Enoch (2009)

https://www.cambridge.org/core/journals/utilitas/article/wouldnt-it-be-nice-if-p-therefore-p-for-a-moral-p/E1ADC27452AF423A1ED60D5F3FBDDE0A David Enoch (2009). Wouldn't it be nice if p, therefore, p (for a moral p). Utilitas, 21(2), 222-22…

新フィヒテ主義としての新カント主義 Beiser (2014)

The Genesis of Neo-Kantianism 1796-1880作者: Frederick C. Beiser出版社/メーカー: Oxford Univ Pr発売日: 2015/01/27メディア: ハードカバーこの商品を含むブログ (1件) を見る Beiser, F. (2014). The Genesis of Neo-Kantianism, 1796−1880. Oxford: O…

新カント主義者はショーペンハウアーを倒したい Beiser (2014)

The Genesis of Neo-Kantianism 1796-1880作者: Frederick C. Beiser出版社/メーカー: Oxford Univ Pr発売日: 2015/01/27メディア: ハードカバーこの商品を含むブログ (1件) を見る Beiser, F. (2014). The Genesis of Neo-Kantianism, 1796−1880. Oxford: O…

自分になる薬 vs. 自分以上になる薬 Riis, Simmons, and Goodwin (2008)

https://academic.oup.com/jcr/article-abstract/35/3/495/1856272/Preferences-for-Enhancement-Pharmaceuticals-The Jason Riis, Joseph P. Simmons, and Geoffrey P. Goodwin (2008). Preferences for enhancement pharmaceuticals: The reluctance to en…

神経科学が発達しても法システムはそうかわらない Wheatlry (2015)

The Moral Brain: A Multidisciplinary Perspective (The MIT Press)作者: Jean Decety,Thalia Wheatley,Laurent Prétôt,Sarah F. Brosnan,Andrew W. Delton,Max M. Krasnow,Nicolas Baumard,Mark Sheskin,Jesse J. Prinz,Scott Atran,Jeremy Ginges,Jillian…

ユルゲン・ボナ・マイヤーにおける自由、宗教、歴史 Beiser (2014)

The Genesis of Neo-Kantianism 1796-1880作者: Frederick C. Beiser出版社/メーカー: Oxford Univ Pr発売日: 2015/01/27メディア: ハードカバーこの商品を含むブログ (1件) を見る Beiser, F. (2014). The Genesis of Neo-Kantianism, 1796−1880. Oxford: O…

オットー・リープマンの内在性の哲学と政治哲学 Beiser (2014) 

The Genesis of Neo-Kantianism 1796-1880作者: Frederick C. Beiser出版社/メーカー: Oxford Univ Pr発売日: 2015/01/27メディア: ハードカバーこの商品を含むブログ (1件) を見る Beiser, F. (2014). The Genesis of Neo-Kantianism, 1796−1880. Oxford: O…

ベネケの倫理学 Beiser (2014)

The Genesis of Neo-Kantianism 1796-1880作者: Frederick C. Beiser出版社/メーカー: Oxford Univ Pr発売日: 2015/01/27メディア: ハードカバーこの商品を含むブログ (1件) を見る Beiser, F. (2014). The Genesis of Neo-Kantianism, 1796−1880. Oxford: O…

解き放たれる18世紀の狂気 フーコー 1972[1975]

狂気の歴史―古典主義時代における作者: ミシェル・フーコー,Michel Foucault,田村俶出版社/メーカー: 新潮社発売日: 1975/02/01メディア: 単行本購入: 2人 クリック: 36回この商品を含むブログ (47件) を見る フーコー, M. (1972)[1975]. 『狂気の歴史:古典…

古典期の「非理性」 フーコー 1972[1975]

狂気の歴史―古典主義時代における作者: ミシェル・フーコー,Michel Foucault,田村俶出版社/メーカー: 新潮社発売日: 1975/02/01メディア: 単行本購入: 2人 クリック: 36回この商品を含むブログ (47件) を見る フーコー, M. (1972)[1975]. 『狂気の歴史:古典…

カントの美学に基づくヘルバルトの道徳哲学 Beiser (2014)

The Genesis of Neo-Kantianism 1796-1880作者: Frederick C. Beiser出版社/メーカー: Oxford Univ Pr発売日: 2015/01/27メディア: ハードカバーこの商品を含むブログ (1件) を見る Beiser, F. (2014). The Genesis of Neo-Kantianism, 1796−1880. Oxford: O…

優生学のための心理学のつかいかた McDougall (1914)

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2986998/ McDougall, W. (1914). Psychology in the service of eugenics. Eugenics review, 5(4): 295−308. 英国の心理学者ウィリアム・マクドゥーガル(1871-1938)がイギリスの優生教育協会(Eugenics Educa…

フィヒテから自立するヘルバルト Beiser (2014)

The Genesis of Neo-Kantianism 1796-1880作者: Frederick C. Beiser出版社/メーカー: Oxford Univ Pr発売日: 2015/01/27メディア: ハードカバーこの商品を含むブログ (1件) を見る Beiser, F. (2014). The Genesis of Neo-Kantianism, 1796−1880. Oxford: O…

意志が英知界にあると人を教育することができなくなる Herbart (1804)

https://archive.org/details/johfrherbartssm00kehrgoog Herbart, J. F. (1804). "Über die ästhetische Darstellung der Welt als das Hauptgeschäft der Erziehung", SW I: 259–274. 前半 ←いまここ 後半 教育には色々な課題がありうるが、教育学の仕事が…

ダーウォルのカント実践哲学解釈 Darwall (2006)

The Second-Person Standpoint: Morality, Respect, and Accountability作者: Stephen Darwall出版社/メーカー: Harvard University Press発売日: 2006/10/01メディア: ハードカバー クリック: 5回この商品を含むブログ (2件) を見る Darwall, S. (2006). Th…

精神の病と発達・進化の視点 フーコー (1954)[1997]

精神疾患とパーソナリティ (ちくま学芸文庫)作者: ミシェル・フーコー,中山元,Michel Foucault出版社/メーカー: 筑摩書房発売日: 1997/12メディア: 文庫 クリック: 22回この商品を含むブログ (19件) を見る Foucault, M. (1954). Maladie mentale et persona…

精神の病理学は身体の病理学とは違う フーコー (1954)[1997]

精神疾患とパーソナリティ (ちくま学芸文庫)作者: ミシェル・フーコー,中山元,Michel Foucault出版社/メーカー: 筑摩書房発売日: 1997/12メディア: 文庫 クリック: 22回この商品を含むブログ (19件) を見る Foucault, M. (1954). Maladie mentale et persona…

内観すると病むのか Titchener (1912)

http://www.jstor.org/stable/1413427 Titchener, E. B. (1912). Prolegomena to a study of introspection. American journal of psychology, 23(3):427−448. ティチナーが内観を主題的に扱った論文のひとつを読みました。この論文は、内観に関する様々な批…

症例と医学の専門化 Berkenkotter (2008)

Patient Tales: Case Histories and the Uses of Narrative in Psychiarty (Studies in Rhetoric/Communication)作者: Carol Berkenkotter出版社/メーカー: Univ of South Carolina Pr発売日: 2009/01/15メディア: ハードカバーこの商品を含むブログを見る B…