えめばら園

Philosophier' Er nicht, Herr Schatz, und komm' Er her. Jetzt wird gefrühstückt. Jedes Ding hat seine Zeit.

アレ

集団的妄想つれづれ Radden (2010)

On Delusion (Thinking in Action)作者: Jennifer Radden出版社/メーカー: Routledge発売日: 2010/07/28メディア: ペーパーバックこの商品を含むブログ (1件) を見る Radden, J. (2010) On delusion (Routledge) Ch.5 Delusion as shared: folies à deux and…

集団は信用を確保するなかで行為者になる 筒井 (2014)

https://actiontheories.wordpress.com/2014/03/01/%EF%BC%88%E6%97%A2%E5%88%8A%EF%BC%89%E3%80%8E%E8%A1%8C%E7%82%BA%E8%AB%96%E7%A0%94%E7%A9%B6%E3%80%8F%E7%AC%AC%E4%B8%89%E5%8F%B7/ 筒井晴香 (2014) 「集団はいつ行為者となるか:P.ペティットの議…

「我々モードの社会的認知」 Gallotti and Frith (2013)

http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1364661313000417 Gallotti, M. and Frith, C. (2013), Social cognition in the we-mode, Trends in Cognitive Science, 17, 160-165 人間の他者理解は単に状況から切り離された観察によるのではない。…

「集団心」の科学をつくる 唐沢・戸田山編 (2012)

心と社会を科学する作者:唐沢 かおり,戸田山 和久,山口 裕幸,出口 康夫東京大学出版会Amazon 唐沢かおり・戸田山和久編 (2012) 『心と社会を科学する』(東京大学出版会) 「社会心理学」と聞くと、集団の心とか群集心理を扱うのかなと一見思いがちですが、…

「信用」概念と意図の共有 Alonso (2009)

http://www.jstor.org/stable/10.1086/599984 Alonso, F (2009) Shared Intention, Reliance, and Interpersonal Obligations *Ethics* 119 pp. 444-475 「意図を共有している」と言える状況では、関係者はその意図を実行する義務を「相手に」負っています。…

幼児は3歳くらいで他人と一緒に何かするときには一人で好き勝手しちゃだめだと理解するようになる件 Hamann et al. (2012)

https://software.rc.fas.harvard.edu/lds/wp-content/uploads/2010/07/Hamann-et-al-20121.pdf Hamann, K., Warneken, F, and Tomasello, M. (2012) Children's developing commitments to joint goals. Child Development. 83 (1), pp. 137-45. 他人と一緒…

「推論のジレンマ」と集団的行為者 Pettit & Schweikard (2006)

http://www.princeton.edu/~ppettit/papers/2006/Joint%20Actions%20and%20Group%20Agents.pdf Pettit, P & Schweikard, D. (2006) "Joint Acitons and Group Agents" Philosophy of social Science 36 1 pp. 18-39 推論のジレンマ(discursive dilemma) と呼…

概念的に軽い共同行為を目指して Butterfill (2011)

http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1467-9213.2011.00005.x/abstract Butterfill, S. (2011) "Joint action and development" *The Philosophical Quarterly* (62) pp. 23-47 共同行為と発達をめぐって、以下のようなテーゼが出されている。 (…

子供の共同行為 Tollefsen (2005)

http://pos.sagepub.com/content/35/1/75 Tollefsen. d . (2005) "Let' s pretend!: Children and joint action" Philosophy of the Social Sciences 35 (1):75-97 多くの哲学者が、共同行為が行われるためには共有意図が必要だと考えます。ブラットマンによ…

集団ベースの理由と行為者性の多元主義 Woodard (2003)

http://link.springer.com/article/10.1023%2FA%3A1024458623591 Woodard, C. (2003) "Group-based Reasons for Action" 1 ・集団的行為に参加することへの個人ベースの理由が存在する。では集団ベースの理由は存在するか?(集団ベースの理由:集団的行為…

二つの異なる種の責任帰属 Gilbert (1989)

On Social Facts作者: Margaret Gilbert出版社/メーカー: Princeton University Press発売日: 1992/03/23メディア: ペーパーバック クリック: 4回この商品を含むブログを見る Gilbert, M. (1989) *On Social Fact* (Princeton Univ Pr) 複数的主体のメンバー…

<集団の罪>の可能性 Gilbert (2000)

Sociality and Responsibility: New Essays in Plural Subject Theory作者: Margaret Gilbert出版社/メーカー: Rowman & Littlefield Pub Inc発売日: 2000/02メディア: ハードカバーこの商品を含むブログ (1件) を見る Gilbert M (2000) "The Idea of Collec…

計画理論における共同行為理解へむけて Bratman [1992]

Faces of Intention: Selected Essays on Intention and Agency (Cambridge Studies in Philosophy)作者: Michael E. Bratman出版社/メーカー: Cambridge University Press発売日: 1999/01/13メディア: ペーパーバック クリック: 2回この商品を含むブログを…

相互の義務について Bratman [1993→1999]

Faces of Intention: Selected Essays on Intention and Agency (Cambridge Studies in Philosophy)作者: Michael E. Bratman出版社/メーカー: Cambridge University Press発売日: 1999/01/13メディア: ペーパーバック クリック: 2回この商品を含むブログを…

他者理解の初期発達と共感によるシミュレーション説 Stueber [2011]

Joint Attention: New Developments in Psychology, Philosophy of Mind, and Social Neuroscience (The MIT Press)作者: Axel Seemann,Timothy P. Racine,David A. Leavens,Colwyn Trevarthen,Peter Hobson,Jessica Hobson,Vasudevi Reddy,Malinda Carpente…

共同注意と「共に知り合ってる」こと Carpenter & Liebel [2011]

Joint Attention: New Developments in Psychology, Philosophy of Mind, and Social Neuroscience (The MIT Press)作者: Axel Seemann,Timothy P. Racine,David A. Leavens,Colwyn Trevarthen,Peter Hobson,Jessica Hobson,Vasudevi Reddy,Malinda Carpente…

共有知識に基づいて行為しているなら他の人は驚かない Gilbert (1989)

On Social Facts作者: Margaret Gilbert出版社/メーカー: Princeton University Press発売日: 1992/03/23メディア: ペーパーバック クリック: 4回この商品を含むブログを見る Gilbert, M. (1989) *On Social Fact* (Princeton Univ Pr) 前理論的に言えば、共…